プリトラの特徴や効果について
ブリトラとは、レビトラのジェネリック薬として開発された種類の中のひとつです。

バイアグラが開発されて次に誕生したジェネリック薬品です。
ここではブリトラの特徴や使用方法、効能、副作用などについてお話していきます。

ブリトラの特徴をご紹介
他の種類のED薬と比較すると、食事の影響を受けにくいという特徴を持っています。
そのため、デートなど食事をしてから夜を迎えるという場合、特に食事のことを気にすることなく薬を服用できます。
また、空腹のときに飲むとおよそ20分前後で効き目がでてくるようなので、シャワーを浴びる前に飲むと丁度いいようです。
レビトラと同じ成分を含んでいながら、安価な値段で購入できます。

ブリトラの効能や副作用を確認
レビトラと同様にEDの治療薬として開発されました。
勃起不全を改善したり、勃起状態を維持する効果をもたらします。
気になる副作用ですが、血管が拡張されることで頭痛があらわれたり、そのほか動悸やめまい、顔のほてり、消化不良などが考えられます。
また、場合によって不眠や下痢、鼻づまりなども起こりますが、大体の症状は薬の効果が切れるころに収まります。
もし症状が長引いたり、状態が重篤な場合は病院で診察を受けましょう。

ブリトラの正しい使用法
空腹時に服用することで、有効成分が体に浸透しやすいといわれています。
一日1錠を守り、セックスをするおよそ30分前に服用します。
次回服用するのは必ず24時間以上空けてから飲むようにしてください。
薬の持続時間はおよそ6~10時間前後です。

使用する場合の注意点とは
なかなか効果がでないからと一度に何錠も飲んだり、前回服用してから24時間経っていないのに飲むようなことは絶対にやめましょう。
効果が強くなるどころか副作用が出てしまう可能性が高まります。
副作用のこともありますから、薬を飲んでからしばらくは車の運転に注意したほうがいいでしょう。


Categorised as: ジェネリックED薬